趣味のペ−ジ 東房−小屋作り・木工
さて自分の趣味とは何だろうと考えると 今まで 余りに何でも首
を突っ込んできたので サテ一体何だろうと考えてしまいます。 
子供の頃から 木や竹を切ったり削ったり物を作ることは確かに
好きでしたが、魚釣りは幼稚園の頃から夢中、犬、猫も飼ったり、
小鳥を捕まえたり、動物も大好きでした。
小学生高学年には 模型電気機関車など夢中になったこともありま
したが、野外での遊びの比率がかなり高かったと思います。
高校時代は 柔道を始めたが 途中 受験校へ転校したため 学校の
指導で止めさせられ 受験勉強に集中させられました。今から考え
ると 趣味なしで過したのはこの時期だけかも知れません。
大学は馬術部、ヨットや山歩き、テニスも この頃に始め、会社に入ってからも
空手の道場へ通ったりしましたが、車の事故から椎間板ヘルニアの手術を受け
、回復してから医者に許可されたスポ−ツはゴルフだけだったので のめり込み
台湾駐在中は年間120〜150ラウンドもやりました。しかし 日本に帰って
みると ゴルフ場は遠い、料金は高い、たまにやるゴルフではスコアは目茶苦茶
で不愉快になるだけ、それで ゴルフはすぱっと廃業しました。
ここで 始めたのは ファミリ−キャンプ、詳細は 我が家のキャンプのペ−ジを
見て下さい。
その結果が 結局 会社を辞めて キャンプ場を作ることになってしまいました。
キャンプは山登り・ゴルフ・ヨットと共通したところがあります。自然を相手に
同じ所で何度やっても 同じということが無いことです。
キャンプ場の用地探しに 約3年間 静岡・福島を含む関東一円 約4万kmを走り
 ここ喜連川の山林を購入、伐採・造成・芝張りと忙しい建設期間の後 
1994年4月にオ−プン。
ヤマザクラ、コナラ、クリなどの落葉樹が混じったヒノキの植林でしたが、
極力 落葉樹をそのまま残し ヒノキをほとんど伐採、ブルド−ザ−で地形を
変えるのは 最小限に留め 自然の姿を残すことに留意して作ったことが 
最大の特徴です。
その結果 約50年生のヒノキの丸太が多数 出来、
別にログハウスに憧れていた訳ではありませんが、
何とか利用できないかと 手始めに作ったのが 
現在の図書室です。
丸太の皮を剥き 太鼓挽きし 基礎から屋根まで全部
自分でやりました。独りで作るので長い丸太を組ん
で作る普通のログの作り方でなく 両端を柱に刻ん
だホゾに落とし込むピ−スエンドピ−ス方式としま
したが 材料はすべて現場合わせなので 時間と手間
は 大変でした。初めて作った建物なので自分で作り
ながらも 本当に完成できるのだろうかと思ったりも
しましたが、来場のキャンパ−に何時出来るのです
かと問われ 途中でやめる訳にはいかず なんとか完
成させることができました。
次に手がけたのは 次男の小屋です。自衛隊を辞めて帰ってきため 住む場所を
確保するため 二人で作ったものです。 ログは現場合わせで手間がかかるので
今回は材料の規格が決まった2X4方式としました。
建物を作るのは 必要にせまられてやるので 仕事なのか趣味なのかといわれれば
仕事なのかもしれませんが、キャンプ場の経営見通しに頭を悩ませるより、
とにかく身体を動かしていることが精神衛生上良いので つい熱が入ることにな
り、やはり 趣味なのかもしれません。
キャンプ場建設時から キャンピングトレ−ラ−に住んできましたが、やはり 狭
いこと、伐採したヒノキの丸太の利用方法として 自宅をつくることを考えては
いましたが いよいよ着手することにしました。最初はログで作るつもりでいた
のですが、丸太の保管方法が悪く虫に入られてしまったため、また ログの現場
合わせの手間が大変なので 柱と梁は丸太を製材して 在来の軸組工法とし、素人
の仕口(ホゾとホゾ穴のような木と木の繋ぎ方)では強度に不安があるので、
柱の間に2X4工法のパネルを併用することとしました。
結果 その後 震度3〜4の地震を2度ほど経験しましたが 大丈夫です。
基礎と屋根葺きはプロに依頼しましたが、その他は 次男と二人の手作りです。
自宅も完成 トレ−ラ−から引っ越し、かねて要望の強かった来場者宿泊用の
コテ−ジを3棟作ることにしました。2x4方式とし、基礎はプロに依頼、
屋根は心臓の手術後 足の踏ん張りが弱り危ないので隣のキャンプ場のオ−ナ−
に応援して貰い、又 棟上げは 来場キャンパ−に手伝って貰いましたが 
その他は 私の手作りです。
1994年4月にキャンプ場をオ−プンして以来
 仕事か趣味か判らぬ大工仕事をやってきましたが、
キャンプ場そのものが私の趣味のキャンバスであり、
これからも落葉樹を増やしたり、季節に咲く宿根草
を植え込んだり まだまだやることがいっぱいありま
すが、
自宅が出来て家財道具が占領していたコンテナ−の
倉庫が空いたのを機会に 趣味の工作用の工房を作り
ました。
電動工具や道具は大体のものはあり、
今後はル−タ−やトリマ−を使った小物、額、家具
などを作っていきたいと思っています。
DIYが趣味の方は声を掛けてください。
良ければ 一緒にやりましょう。

戻る

HOME